審査では保証人や担保が必要ない

キャッシングの良いところは、気軽に利用できるということです。借金を申し込むときは、保証人や担保を用意しなければいけません。この保証人や担保を用意するという行為は、非常に面倒です。保証人になってくれる親戚や知人を探し、お願いをしに行かなければいけません。

 

しかも、借金の保証人のお願いですから、自分のためとはいっても気が重くなるでしょう。また、担保というのは、全ての人が用意できるわけではありません。一戸建てや土地などの不動産、自動車などを所有していない人は、世間には多くいます。

 

担保が必要になると、不動産や自動車などの資産を持っていない人は、融資を受けることができません。このように、借金をするときに保証人や担保が必要だと、気軽に利用することはできないのです。

 

キャッシングの審査では、保証人や担保が必要ありません。親戚や知人に保証人になってもらうために頭を下げる必要もなく、担保になる資産がなくてお金が借りられるのです。

 

審査で必要になるのは、安定した収入があることだけです。キャッシングをしている会社によって、審査の難易度は大きく変わってきます。しかし、保証人や担保が必要な借金に比べれば、利用できる人は多いでしょう。

 

また、担保や保証人が不要なのは何も消費者金融キャッシングに限らず、銀行からの借り入れでも、カードローンなどであればどちらも不要となっています。