計画性を持つことは大前提です

キャッシングというと聞こえはいいですが、要するに借金をするということです。借金をすれば返済が待っています。そして、その返済には利息がつきます。返済をする時には元金+利息を返すことになり、また、返済方法によっては別途で手数料を取られることもあるでしょう。

 

よく、ご利用は計画的にと言いますが、実際キャッシングは計画性を持たずに利用できるようなものではありません。利便性が高く、繰り返し借り入れができてしまうからこそ、注意して使っていかなくては借金地獄に陥ることもないとは言い切れないのです。

 

重要なのは、どのくらい借りることができるのかではなく、どのくらいなら返済していけそうかということを基準に借り入れを考えることです。必要以上は借りないこと、その上で毎月いくらなら返済していけるか、またボーナス返済も視野に入れて検討してみましょう。さて、計画性を持つと言っても借り入れ状況を把握していなくてはそれはできません。

 

どれだけ面倒くさくてもきちんと帳簿はつけていくようにすることが大切です。文字に起こしておけば計画も立てやすいですし、これ以上はマズイという抑制もできます。いずれにしても自分自身の使い方次第でキャッシングを賢く使えるか、借金地獄に陥るかが変わります。