プロミスで早くにお金を借りたいときにはどうするべきか

急な出費や手持ちのお金の不足などでプロミスからとにかく早く借りたい場合には、どのような申し込みや手続きで進めれば良いのかご存知でしょうか?

 

プロミスですぐに借りたい場合には

プロミスのネット上の情報を見ると「Web契約が早い」と書かれていることも多いものですが、プロミスの即日融資はWeb契約の場合では平日14時までに完了させなければなりませんので、時間が過ぎてしまったり週末、或いは祝日ではプロミスから素早く借りられないことになります。

 

また、平日の午前中に申し込みをしたとしても、審査時間は最短30分と素早くなっていても時間がかかってしまう場合もあります。必ずしも30分で審査が終わるわけではありませんので、1時間やそれ以上にかかってしまうこともあるのです。

 

急ぎで借りたいのに審査に時間がかかってしまい、結局は14時を過ぎてしまったのではプロミスから当日中にWeb契約で借りることが出来ませんので、時間に余裕を持ちつつも素早く最短で当日中に借りられる正しい手順を知っておきましょう。

 

プロミスで最も早い手続きは契約機でのカード受け取り

じつは、プロミスで最も早くに借りられるのは、ネットではなく契約機を使う手続きとなります。プロミスの契約機は日本全国多くの場所に設置されており、営業時間も夜まで、基本的に年中無休で動いているために週末でも即日でのカード発行も融資も可能です。

 

プロミスのカードをすぐに受け取る

Web契約の場合には来店不要で自宅や外出先のスマホから手続きができる利点はありますが、カードの受け取りは後日の郵送となることや、上にも書いたように当日中の銀行振り込みによる融資は時間的な制限がきつくなってしまいます。

 

その点で無人契約機を使うプロミスのカード発行であれば、確実性を上げつつ素早く借りられるようになっているのです。

 

プロミスで契約機を利用する際のポイント

「契約機が早いなら今すぐ行こう!」と考えている方、落ち着いて下さい。プロミスでの手続きをよりスムーズに進めるためのポイントがありますので、最低限は以下の点だけ見ておいて下さい。

 

プロミスの申し込みはネットで済ませておく

プロミスでは申し込みはネットで行い、審査通過後の手続きは無人契約機で行えるようになっています。はじめからの手続きを全て契約機で行うことも確かに可能ですが、審査に落ちてしまった場合は機械まで行った時間、手間の全てが無駄になります。しかし、ネットで予め申し込みをして審査を受けておけば、仮に審査落ちとなってしまっても契約機まで行くはずだった時間や手間を節約出来ます。

 

ネットでの審査なら申し込みも手軽

店頭や機械での申し込みをすると申し込み用紙に必要事項の記入をする必要もあり、大きな手間となってしまいます。字のうまい方なら良いかもしれませんが、字を書くのが嫌な方や苦手な方にとっては苦痛にもなるものですので、画面上で入力で済ませられるネットでの申し込みは大きな利点となり得ます。

 

審査通過後なら手続きも早い

契約機で申し込みをするとなると、その場で審査結果が出るまで待たなければなりません。いくら最短30分回答とは言っても、いくら多くのブース内でWifiがあるとは言っても長くも感じられるものです。ネットでの審査を受けておけばそういった待ち時間もなく、審査通過後に契約に行くだけとなるために素早くサッとカードを受け取ることが出来ます。

 

 

プロミス

プロミスの特徴

素早く借りたい方に好評のネット申し込み後の自動契約機での手続きは、何も平日の昼間に限らずに土日や夜でも即日融資も可能となっています。お金が必要になることの多い時間帯であっても、プロミスならスピーディに借りられます。
また、お得な無利息キャッシングが出来る点にも注目で、メールアドレスとWeb明細の利用登録をすると初回30日間無利息になります。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

いつでもどこでも便利なプロミスであれば、緊急時でも何かと頼れるものです。所得証明も借り入れ金額次第では不要となりますので、素早く手続きが進められます。

 

 

審査通過後にプロミスの契約機で行う手続き

プロミスで審査通過後の手続き

ネットで審査を受け、無事にOKとなれば契約機まで行きます。プロミスの契約コーナーは無人とはなっていますが、契約機には受話器が設置されているので分からないことはオペレーターに聞けるようになっています。

 

審査通過後にも案内はされますが、ブースの中に入ったらまずはオペレーターにネットで申し込みをして審査に通ったことを伝えましょう。その後に進められる手続きは、申し込み内容が正しいかどうかの確認が主となります。

 

本人確認はもちろんのこと、自宅や会社への在籍確認もプロミスの担当者名で行われます。特に面倒なあれこれ聞くような電話ではなく

 

「○○(プロミスの担当者名)と申しますが、□□(申し込み者)様はいらっしゃいますか?」

 

のような簡単な一本の電話です。不安に感じる方は事前に職場に「カードの申し込みをするから確認電話があるかもしれない」と伝えておきましょう。わざわざ「何のカード?」と聞いてくる方もいないかと思いますが、聞かれた際にはクレカとでも言っておけば良いです。

 

本人確認書類などの必要書類は忘れずに

確認の中では必要書類の提出もあります。主に本人確認書類、借り入れ金額や状況によっては所得を証明する書類となりますので、審査通過後の契約機に行く前にしっかりと確認をし、忘れないようにしてください。もし忘れてしまうと契約が出来ないため、大きな時間のロスとなってしまいます。

 

全て完了するとプロミスのカード発行

本人確認や契約内容の確認が完了すると、その場で契約書類とカードが発行されます。受け取ったカードは限度額の範囲内で即日利用可能ですので、多くの契約機内に設置されているATMで使っても良いですし、帰り道や近くの提携コンビニで借りても良いです。ただ、提携ATMはカードが使えるかわりに手数料がかかりますので、なるべくならプロミスのATMを使いましょう

 

Web契約の場合はプロミスのサイト上での手続き

上に挙げたのはプロミスの契約機でのカード発行となりますが、来店をしないWeb契約の場合には全てサイト上で手続きを進めることになります。画面上の手順に従って進めるだけなので特に難しくはなく、プロミスが初めてのキャッシングの方でもスムーズに進められるようになっています。

 

また、カードや契約書類については後日に自宅に届きますが、差出人名は「プロミス」ではなく、「事務センター」などの周りからは分からないように配慮をしてくれます。それでも不安な方は、Web契約ではなく契約機や店頭でのカード発行とすると良いでしょう。

 

プロミスと他の借り入れ先を比べるなら

最短即日融資も可能で頼れるプロミスですが、他のキャッシングと比較をしたい場合には消費者金融一覧を見ておくと良いです。非常に多くの消費者金融情報が掲載されているため、プロミスと他サービスを比較する際にも役立ちます。

 

プロミスが他と比べて優れている点

数ある消費者金融の中でもプロミスが優れている点は、何も早さだけではありません。もちろん審査や融資の早さもプロミスが人気となる大きな部分ではありますが、その他にもプロミスだからこそとも言えるサービスや特徴があり、他の消費者金融と比べてもプロミスが注目を集めているのです。

 

プロミスだからこその良さを見れば、どの消費者金融から借りるか迷っている方も借り入れ先が決めやすくなります。また、プロミスでのキャッシングを計画的に使えるようにもなるため、早さの面だけでなく契約後の利用などにおいてもプロミスの特徴はしっかりと抑えておくようにしましょう。

 

土日でも最短即日の振り込み融資

プロミスでの最も早い借り入れとも言えるネット申し込み後の契約機の利用は、土日に申し込みをしてその日に借りたいときにも便利です。土日でも営業時間内なら最短即日での利用開始も可能となるため、週末に借りたいときにはプロミスの契約機を使うのが一般的な手続き方法となります。

 

しかし、プロミスでは別の方法で土日の最短即日融資も可能となっています。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちで、振り込み融資用の口座として登録が行える方に限られますが、どちらかの口座を登録するとプロミス独自のサービス「瞬フリ」によって土日でも曜日を問わずに24時間最短10秒の振り込み融資も可能となります。

 

時間内であれば平日の銀行振り込みによる最短即日融資は消費者金融のキャッシングでは珍しくありませんが、夜間でも土日でも最短10秒振り込みとなる瞬フリはプロミスだからこそのサービスです。通帳を家族に見られてしまうなどの場合にはプロミスでの借り入れがばれる可能性があるために危険ですが、特に見られない場合であれば内緒での早い来店不要での借り入れが利用できるために大変便利です。

 

瞬フリ利用のための口座登録は22時までに済ませる必要があります。Webでの契約は土日でも行えるため、Web契約を終えた後に22時までに口座の登録がスムーズに進んでいれば、22時以降でも時間を問わずに瞬フリのサービスによる最短即日融資の利用も可能となります。

 

抑えられた毎月の返済金額

プロミスでのキャッシングを利用した後は返済を進めることとなり、一括での返済とならなければ毎月に少しずつ分割で支払っていきます。借り入れ残高ごとに定められた約定返済額を期日までに入金をし、ATMでの返済や銀行振り込み、口座引き落としなど様々な方法で返済が行えます。

 

約定返済額は以下の通りとなり、少額の借り入れに留めるのであれば一度あたりの返済金額は多くなりません。プロミスは消費者金融の中でも約定返済額が少なく抑えられているので、毎月の返済を負担とせずに余裕を持ってキャッシングの利用が行えます。

 

借り入れ残高 返済金額
50,000円 2,000円
100,000円 4,000円
200,000円 8,000円
300,000円 11,000円
400,000円 15,000円
500,000円 19,000円

 

限度額で返済の金額が決まるわけではないので、例えば限度額が30万円や50万円だとしても、借りる金額が5万円であれば毎月の返済金額は2,000円となります。追加であと5万円で借りたとして借り入れ残高が10万円になっても、プロミスなら毎月の返済金額は4,000円と少額なため、無理のないペースで返済が進められます。

 

もちろん約定返済額に加えて任意での追加での返済も可能であり、お金に余裕があれば毎月の決められた返済だけでなく任意での返済を進めておくと、それだけ借り入れ残高が減るために翌月以降にかかる利息が減らせます。利息が減れば同じ入金額でも元金分の返済に大きく回されるため、より早くに返し終わるようになるのです。

 

プロミスに限らず、キャッシングの返済はなるべく長引かせずに効率的に進めるのが重要となりますが、だからと言って無理のある返済を進めるのはよくありません。その点、プロミスであれば毎月の約定返済額は抑えられているため、無理なく余裕のあるときに積極的に効率的に返済が行える良さがあります。

 

任意での返済はプロミスのATMでの入金の他に、提携ATMや銀行振り込み、またはインターネットでも行えるので、お金に余裕があるときにはいつでも素早く返済に回せます。ただ、ATM利用時には提携ATMでは利用手数料がかかる場合、銀行振り込みでは振り込み手数料がかかる場合があるので、効率的な返済を心がけるのであれば手数料にも気を配っておきましょう。

 

女性も安心のレディースキャッシング

プロミスでは女性の方でも安心して利用ができるようにと、女性オペレーターの対応となるレディースキャッシングのサービスを設けています。申し込みの条件や基本的な審査基準に変わりは無く、安定した収入お持ちの定める年齢の範囲内の方の利用とはなりますが、初めてキャッシングを利用する女性の方でも手続きが進めやすい特徴があります。

 

アルバイトやパートによる安定した収入でも申し込みが可能で、Web契約後の銀行振り込みによる最短即日融資も通常のプロミスのキャッシング同様に平日14時までの手続きで可能となります。女性の方は契約機の利用に抵抗を感じるため、来店不要で最短即日融資で借りられるプロミスのレディースキャッシングは頼れます。

 

周りに内緒で借りたい方もプロミスであれば安心して利用ができるので、女性が借りるキャッシングサービスとしてのプロミスは人気が高くなっています。

 

プロミスのレディースキャッシングは女性専用ではなく、あくまで女性オペレーターが対応をするサービスとなります。そのため、男性の方でも女性のオペレーターに対応をしてもらう手続きを進めたい場合には、プロミスのレディースキャッシングからの申し込みが可能となっています。
プロミスのレディースキャッシングはこちら

 

金利や限度額は変わらない

プロミスを含む大手の消費者金融は、基本的には借りる際の金利や限度額には大きな違いはありません。アコムやモビットなど、一部で下限金利が低く設定されていたり、限度額の上限が最大で800万円と大きくなっているところもありますが、実際に借りる際の条件としてはプロミスも他も大きくは変わりません。

 

消費者金融で借りるキャッシングサービスは少額の融資が中心となり、特に初回の契約時の限度額となれば20万円前後となる場合が多いです。いきなり数百万円を借りられるわけではないので、利用の際の金利もどうしても貸付条件での上限金利となります。

 

上限金利で比べると先に挙げたアコムやモビットは実質年率で18.0%、他大手消費者金融を見てもアイフルも同じく実質年率18.0%となります。対してプロミスは上限が実質年率で17.8%と僅かながら低くなっており、上限金利での契約となる場合が多い消費者金融のキャッシングにおいては、下限金利や限度額上限ではプロミスが一部消費者金融に見劣りするのは事実であっても、実際に借りる際の条件としては優れているとも言えるのです。

 

下限金利を見比べても意味がない

銀行となると話は変わりますが、消費者金融での借り入れであればプロミスにしてもその他にしても、下限金利で見比べても意味がありません。そもそも下限金利で借りるためにはかなりの高額融資が必要となり、それに見合うだけの年収が必要ともなるために現実的ではありません。

 

例えば限度額上限が800万円、下限金利が3.0%となるキャッシングサービスがあるとした場合、800万円で借りられれば適用金利は3.0%に近付く可能性があります。しかし、消費者金融で800万円を借りるためには年収が3倍は最低限必要となるため、2,400万円もの年収を持たなければならないことになります。

 

それだけの収入があれば消費者金融ではなく銀行の低金利カードローンでの借り入れ、またはさらに金利が低くなる何らかの目的ローンの利用も十分に視野に入ってくるため、プロミスを含む消費者金融でのキャッシング利用を考える際には、下限金利や限度額上限を見ても意味が無いのです。

 

比べるべきはサービス内容

プロミスにするか他の消費者金融にするか、どこで借りるかを考えるのであれば比べる材料は金利や限度額ではなく、借り入れまでの手続きや契約後の利用におけるサービス内容を重視すべきです。例えばカードはどこで使えるか、利用をする際の手数料はいくらかなどを見ておき、便利に素早くキャッシングが利用できるかを確認しておくべきです。

 

例えばATMでのカード利用時の手数料は、プロミスでも他の大手消費者金融でも一般的に以下のような手数料が提携ATM利用時には必要となります。

 

取引額 借入時 返済時
10,000円以下 100円+消費税 200円+消費税
10,000円超 100円+消費税 200円+消費税

 

1万円を超える利用金額となると借り入れと返済時の往復で400円と消費税の手数料負担となってしまいますが、プロミスではプロミスATMでの利用だけでなく、三井住友銀行のATM利用時にも手数料がかからないのでお得です。いくら手数料がかからないとは言っても、プロミスATMは契約コーナーに併設されている場合が多いために入りづらいイメージがありますが、三井住友銀行のATMであれば安心です。

 

手続き内容やカードを覗き込んででも来ない限りはATMでのプロミスでのキャッシング利用はばれず、プロミスATMを利用する際と比べてプロミスでのキャッシング利用が周りにばれにくいメリットも三井住友銀行のATMにはあります。

 

同じく返済もカードを使ってそれこそ銀行口座に入金をするような形で行えるので、プロミスであれは三井住友銀行のATMを利用した周りに知られない安心のキャッシングでの借り入れや返済が行えるのです。

 

ネット申し込みで最短30分審査回答
プロミスはこちら
最短1時間融資申し込みはこちらから

 

プロミス店舗更新・最新情報

2016年12月7日:古川カインズホーム前自動契約コーナーが閉店しました。
2016年12月6日:利府街道岩切自動契約コーナーが閉店しました。
2016年12月5日:4号線白河自動契約コーナーが閉店しました。